凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

凝集剤での水処理問題解決事例 - インク業社様の排水問題【凝集剤について⑥】

凝集剤での水処理問題解決事例 - インク業社様の排水問題【凝集剤について⑥】

これまで凝集剤について様々なことをご説明してきましたが、ここで弊社の凝集剤を活用して喜んでいただいている事例を1つご紹介いたします。

【インク製造をされている企業様の排水問題解決事例】

今回ご紹介するのは、インクを使う企業の排水での事例です。

インクの排水は通常、PAC(ポリ塩化アルミニウム)や硫酸バンド・苛性ソーダ、消石灰、高分子凝集剤も含めて4〜5つの薬剤を使って凝集処理をしています。

劇物である硫酸や苛性ソーダは取り扱いや保管を厳重に行わないと危ないもので、例えば目に入ったら失明することもあります。それで取り扱いが面倒なため、硫酸や苛性ソーダをできれば従業員に使わせたくないと考えている企業様は多数あるように思います。

そんな時、苛性ソーダの代わりに使うのが消石灰です。みなさんも見たことや使ったことがあるかと思いますが学校のグラウンドでラインを引く白い粉がありますよね?それが消石灰です。これは苛性ソーダのような劇物ではなくホームセンターにも売っているようなものでとても安全なのです。その工業用の消石灰があります。

しかし安全である消石灰にもデメリットがあります。消石灰そのものが真っ白なので、水に溶かして使用する時にこぼしたりして場内が汚れてしまうんです。また、水と反応すると固まるので、水の中に入っているうちはいいのですが、乾いてくると石みたいになってしまいます。消石灰を入れた水槽は時間が経つと固まった消石灰だらけになってしまいどんどん水槽の容量が少なくなっていきます。またポンプの配管が詰まってしまうのでメンテナンスの手間が非常にかかります。

そしてインクの排水は一日何トンも出ますが、洗うインクが変わると水質が変わってしまうため、その度に4つか5つの薬剤を調整しないといけなくなってしまいます。このように薬剤を複数使った凝集は、作業者への負担・手間が大きいのです。

そこで、弊社の製品である『アクアネイチャーAL』をご提供させていただきました。

弊社のインキ・糊含有排水に特化した製品『アクアネイチャーAL』だと、1つの薬剤で凝集処理ができるのでその負担や手間が軽減できます。

実際にアクアネイチャーALを導入していただいたお客様からは、

・ポンプがいらないので便利になった
・消石灰の際にあった配管トラブルが少ないので手間が軽減された・劇物も使わずにすむので従業員に安心して使ってもらえる
・1剤型で薬品の調整が楽
・消石灰のように処理場が汚くならないので清潔で気持ちが良くなった
というように、喜んでいただいた声をたくさんいただけて、お客様の問題も解決されたことを実感できました。

インクの製造業社の方が排水処理でお困りの際にはぜひ弊社製品である『アクアネイチャーAL』をご利用いただきたいと思います。

以上、今回は弊社の製品を使った事例をご紹介しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

これまで凝集剤について様々なことをご説明してきましたが、ここで弊社の凝集剤を活用して喜んでいただいている事例を1つご紹介いたします。

[過去ブログはこちら]凝集剤ってなんだろう?

・インク製造をされている企業様の排水問題解決事例

今回ご紹介するのは、インクを使う企業の排水での事例です。

インクの排水は通常、PAC(ポリ塩化アルミニウム)や硫酸バンド・苛性ソーダ、消石灰、高分子凝集剤も含めて4〜5つの薬剤を使って凝集処理しています。

劇物である硫酸や苛性ソーダは取り扱いや保管を厳重に行わないと危ないもので、例えば目に入ったら失明することもあります。それで取り扱いが面倒なため、硫酸や苛性ソーダをできれば従業員に使わせたくないと考えている企業様は多数あるように思います。

そんな時、苛性ソーダの代わりに使うのが消石灰です。みなさんも見たことや使ったことがあるかと思いますが学校のグラウンドでラインを引く白い粉がありますよね?それが消石灰です。これは苛性ソーダのような劇物ではなくホームセンターにも売っているようなものでとても安全なのです。その工業用の消石灰があります。

しかし安全である消石灰にもデメリットがあります。消石灰そのものが真っ白なので、水に溶かして使用する時にこぼしたりして場内が汚れてしまうんです。また、水と反応すると固まるので、水の中に入っているうちはいいのですが、乾いてくると石みたいになってしまいます。消石灰を入れた水槽は時間が経つと固まった消石灰だらけになってしまいどんどん水槽の容量が少なくなっていきます。またポンプの配管が詰まってしまうのでメンテナンスの手間が非常にかかります。

そしてインクの排水は一日何トンも出ますが、洗うインクの色が変わると水質が変わってしまうため、その度に4つか5つの薬剤を調整しないといけなくなってしまいます。このように薬剤を複数使った凝集は、作業者への負担・手間が大きいのです。

そこで、弊社の製品である『アクアネイチャーAL』をご提供させていただきました。

弊社のインキ・糊含有排水に特化した製品『アクアネイチャーAL』だと、1つの薬剤で凝集処理ができるのでその負担や手間が軽減できます。


実際にアクアネイチャーALを導入していただいたお客様からは、

・ポンプがいらないので便利になった
・消石灰の際にあった配管トラブルが少ないので手間が軽減された
・劇物も使わずにすむので従業員に安心して使ってもらえる
・1剤型で薬品の調整が楽
・消石灰のように処理場が汚くならないので清潔で気持ちが良くなった
というように、喜んでいただいた声をたくさんいただけて、お客様の問題も解決されたことを実感できました!

インクの製造業社の方が排水処理でお困りの際にはぜひ弊社製品である『アクアネイチャーAL』をご利用いただきたいと思います。

以上、今回は弊社の製品を使った事例をご紹介しました。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional