アクアネイチャーALは、段ボール製造工場や紙加工業等から排出される「フレキソインキ洗浄排水」を一剤で処理が可能な製品です。
フレキソインキ洗浄排水は、浮遊物質量が多く、気温の変化や製品、生産量等よって水質が非常に変化しやすい特徴があります。そのため多くの場合、3~4種類の薬剤を用いて排水処理が必要ですが、アクアネイチャーALは一剤での処理を実現し、作業者の負担を最小に抑え、安定した排水処理が可能です。

糊(接着剤)について

段ボール製造工場や紙加工業ではフレキソインキ洗浄排水に加えて、紙の貼り合わせ等の工程で糊(接着剤)を使用しており、機材を洗浄した際に糊が含有した排水が発生します。
こちらをフレキソインキ洗浄排水と混合し排水処理を行うとpHや排水の懸濁濃度が大きく変化し、凝集性や脱水性に悪影響を及ぼします。
アクアネイチャーALはこれらの混合排水を処理することも可能ですが、安定した排水処理を行う為、糊洗浄排水をフレキソインキ洗浄排水と分けて、アクアネイチャープラスで処理を行う事を推奨しています。

 

排水処理例

排水の凝集処理前と処理後の比較
排水の種類 フレキソインキ洗浄排水
原水のpH 7.3
使用薬剤 AL-ST01
薬剤添加率 0.1wt%
処理水pH 6.7

既設処理ではPAC、苛性ソーダ、希硫酸、消石灰、高分子凝集剤の5種類を使用していましたが、一剤で凝集処理が可能となりました。劇物や消石灰が不使用となり、作業性やメンテナンス性が向上しました。

アクアネイチャーALの特徴

 

1. 一剤のみで処理が可能

インク含有排水は、通常3~5種類程度の薬剤を使用して処理を行っていますが、アクアネイチャーALは一剤で処理が可能となります。劇物不使用により作業者の安全性が向上し、消石灰不使用により機器のメンテナンスが軽減します。

その他の特徴

2. 豊富なラインナップ

アクアネイチャーALシリーズは、あらゆるフレキソインキ洗浄排水に対応できるよう、豊富なラインナップを取り揃えており、様々な濃度やpHの排水に対応可能です。

3. 処理設備の省スペース化

薬剤が一剤化される事で、処理フローが簡素化されます。それによって必要な設備も少なくなりシンプル且つコンパクトな排水処理設備で処理が可能となります。

4. コスト削減

設備がコンパクトになる事でイニシャルコストの削減が可能となります。また少量の薬剤で処理出来る為、ランニングコストの削減にも貢献します。

商品詳細

仕様

性状
白色粉末
主成分
ゼオライト・その他無機物
荷姿
3kg (1kg×3袋入り段ボール)
20㎏ (クラフト袋)
添加量目安
排水に対して0.01~0.2wt%
参考価格
1,300円/1kg (3kg製品)
900円/1kg (20kg製品)
保管方法
直射日光を避け湿度の低い暗所にて保管下さい。
使用用途
○インキ、糊含有排水
○プリスロインキ洗浄排水