凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

水性塗料固化処理剤による【廃塗料処理】③

水性塗料固化処理剤による【廃塗料処理】③


これまで順序立てて,
【水性塗料固化処理剤】についてご説明させていただきましたが、


今回はより具体的に商品説明を交えて、
詳しくご説明させていただきたいと思います。

画像の説明




どんな商品なの?どうやって使うの?

粉末の商品です。毒物・劇物に該当せず、安全な商品です。

使い方は非常に簡単で、廃塗料に「ペイントマスター」を3 ~ 5%程度入れて、混ぜるだけです。


一斗缶(18㎏)を処理するのにいくらかかるの?

一斗缶18㎏を処理するのに、「ペイントマスター」を約1㎏600円で固化させる事が出来ます。

廃塗料1㎏を固化させるのに必要なコストは、僅か33円です。


全ての水性塗料に対応してるの?

100%ではありません。一部固まりにくいもの、あるいは固まらない塗料もあります。

その場合は、固まりやすい塗料と混ぜて処理することで、固まりにくい塗料も固めることが出来ます。

注)溶剤系の塗料は、固化することができません。溶材塗料の固化についても、たくさんの要望を頂いており、現在大学と共同研究を進めています。


なぜ処分費用を削減できるの?

液体を処分する場合には、@150円/㎏かかるのに対し固体を処分する場合は、たった@20円/㎏(富山県の場合)です。

「ペイントマスター」を使用して固める事で、処分費用が130円も削減できます。


2月末までの【期間限定キャンペーン!!】

2月末までにご注文頂いた方限定で、送料無料、代引手数料、その他事務手数料も全て無料にて商品をお届けします。

画像の説明


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional