凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

【SFクリーン】

【SFクリーン】

【塗装ブース循環水の浄化】について、これまでブログにて弊社凝集剤を使用した上で得られるメリットについてご紹介させて頂きました。


の【塗装ブース循環水の浄化】システムをこの度【SFクリーン】と名付けましたので、今回はシステムの概要についてご紹介させて頂きたいと思います。


塗装ブースの維持管理に関して、日常的に塗料分散剤(キラー剤)を塗装ブース循環水へ添加されている企業様は数多くいらっしゃると思いますが、



同様の使用方法で弊社液体凝集剤【AQ-BPα】を塗装ブース循環水へ添加していただき、水中に含まれる塗料成分を凝集します。
画像の説明
※汚泥性状は、不粘着効果もあり非常に軽く、取り扱いやすい状態となります。



上記の工程を1段階処理とし、2段階目に粉末凝集剤【アクアネイチャーライト】をおよそ1週間に1度の間隔で塗装ブース循環水へ添加します。
画像の説明
【アクアネイチャーライト】によって沈降していた汚泥が液面に浮き上がります。


浮き上がった凝集汚泥を回収することで塗装ブース内の汚泥量を減らすことができるため、

※定期清掃の回数と労力軽減
※浄化した循環水は塗装ブース内で再利用可能
※回収した汚泥を脱水状態にすることで産廃処分費用削減

上記効果が見込めます。

画像の説明

【SFクリーン】【S】settle(沈む)【F】float(浮く)の組み合わせによって、
塗装ブース循環水の水質を改善します。


塗装ブース循環水は、様々な産業廃水がある中で凝集剤による反応が確認しやすい廃水でございます。

無料ビーカーテストも行っておりますので、処理方法、廃棄に係るコスト面等でお悩みございましたら、弊社へご相談ください。よろしくお願い致します。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional