凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

『バレル研磨廃水処理』

『バレル研磨廃水処理』


昨年、数多くの企業様よりお問い合わせをいただき、様々な産業廃水処理に関わる機会がございました。

その中で、多数【バレル研磨廃水処理】に関してご相談をいただきました。


ご相談内容として、現在発生している廃水を【全量産廃処分】による対応を取っているが、積算費用が経営に与えている影響が非常に大きく、【経費削減】を目的とした改善を行いたいというものです。

処理方法
廃水処理装置、薬品



上記内容のご提案をさせて頂く際、弊社では廃水サンプルの無料ビーカーテストを行っております。テストを行った上でご提案内容の検討を進めていきます。

今回は、【バレル研磨廃水】へ弊社の凝集剤を使用し行ったビーカーテストの内容をご紹介させて頂きます。

【サンプル1】
※写真は1剤型粉末凝集剤のみを使用した場合
画像の説明
➡適正な添加量で良好な反応を確認することができました。


【サンプル2】
※写真は1剤型粉末凝集剤のみを使用した場合
0109 - コピー
➡処理後、濁りと色みが残る結果となりました。


※次に液体凝集剤との併用によりテストを行ったところ、非常に透明度が高く、良好な結果となりました。
画像の説明

上記の処理によって、上澄み液を放流し、産廃処分費の削減効果が見込めます。

【バレル研磨廃水】は廃水処理薬品1剤による処理が可能であり、2剤による処理でコスト面、薬品添加量が節約できる場合もございます。




廃水処理に関しては、遵守すべき水質基準など、重要な項目は様々ございますので、廃水処理に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご相談下さい。


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional