凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

湿式塗装ブースの産廃処理費用を圧縮!AQ-BPαでの具体例を紹介

湿式塗装ブースの産廃処理費用を圧縮!AQ-BPαでの具体例を紹介

湿式塗装ブースから出る産廃の処理費用をどうにかしたい...。

このようなお悩みをお持ちの方は多いと思います。余剰塗料の回収を水で行なう湿式塗装ブースは半年から1年で定期清掃を行なうことが多いでしょう。清掃時に発生する廃塗料と廃液は産廃です。

湿式塗装ブースから出る産廃の処理費用を圧縮するためには、AQ-BPαを使用することがおすすめです。この記事ではAQ-BPαを使った具体例を紹介します。

今日の目次

  1. 産廃とは?
  2. 産廃費用をAQ-BPαで圧縮しよう
  3. AQ-BPαで循環水をキレイに保とう

産廃とは?

産廃とは産業廃棄物の略で、「事業活動で生じた廃棄物のなかで、法令や政令で定められたもの」です。具体的には汚泥、廃油、廃プラスチック、ゴムくず、金属くずなどが当てはまります。

産廃は処理業者に引き取ってもらうことが必要です。産廃の成分や形状、水分量、廃棄量で価格が変動します。

湿式塗装ブースから出る産廃について考えてみましょう。

  1. 湿式塗装ブースから出た廃液をドラム缶に入れて引き取ってもらう
  2. 1の廃液を汚泥と水に分けて、汚泥をカチカチの状態にして引き取ってもらう

1と2の状態では、当然2の方が産廃の処理費用は安くなります。しかし、湿式塗装ブースから出る産廃は廃塗料と水が混ざり合った状態のため、処理に苦労されているユーザー様が多いのが現状です。

中にはブースの清掃時にバキューム車を呼んで、汚れた循環水を廃液として処理しているユーザー様もいらっしゃいます。

10tのバキューム車を手配するだけでも10万円程度の費用が発生することもあり、頭を痛くする要因と言えるでしょう。

産廃費用をAQ-BPαで圧縮しよう

それでは高額になりがちな湿式塗装ブースの産廃費用は、どのようにしたら圧縮できるのでしょうか?

ずばりブース循環水用凝集剤「AQ-BPα」を使えば、産廃費用を圧縮できます。

◆AQ-BPαとは
AQ-BPαはブース循環水を浄化するための凝集剤です。AQーBPαをブースの水槽に添加することで、汚れている循環水を「キレイな上澄み」と「汚れ」に固液分離することができます。

AQ-BPαを使うことにより、ブースの循環水を産廃として処理したい廃塗料とキレイな上澄み水に分けることが可能です。

AQ-BPαを使った湿式塗装ブースの産廃費用を圧縮する、具体的な手順は以下の通りです。

  1. AQ-BPαを使い、ブースの循環水を上澄み水と廃塗料に分ける
  2. ブース清掃の際に、上澄み水をタンクやドラム缶にポンプアップする
  3. ブースに残った汚泥や廃塗料を回収して、フレコンに詰め込む
  4. 汚泥や廃塗料を自然脱水させる
  5. 産廃として処理する

この手順を行なうことで、バキューム車を手配する費用、汚水として処理する費用を圧縮することができます。圧縮できるコストは現場によって異なりますが、「産廃処理費用が半分になった!」ということも珍しくありません。

AQ-BPαで循環水をキレイに保とう

湿式塗装ブースをお使いのユーザー様は、産廃の処理費用はもちろんですが、日々のメンテナンスや堆積汚泥固化の処理でお困りのケースが多くあります。このケースでもAQ-BPαが役立ちます。

AQ-BPαを水槽に添加することで、余剰塗料が不粘着化し、堆積汚泥固化の防止に繋がります。また循環水をキレイに保つことができるので、エリミネーターなどの部品の清掃も飛躍的にしやすくなるのです。

AQ-BPαは難しい管理が必要ありません。湿式塗装ブースの水槽に100~300cc/㎥を毎日投入して、ブースを稼働させるだけです。

AQ-BPαは管理が簡単で、日々の清掃も楽になり、産廃費用を圧縮することができます。
本日の内容について
ミドリ商会のYouTubeチャンネルでも解説しておりますので、合わせてご覧ください。

AQ-BPαのことが気になる方は、ぜひミドリ商会までご連絡ください。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional