凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

ネクストリーの強みと、弊社製品「アクアネイチャー」のメリット【凝集剤について⑨】

ネクストリーの強みと、弊社製品「アクアネイチャー」のメリット【凝集剤について⑨】

今回のブログでは、弊社の製品「アクアネイチャー」の始まりや弊社の強み等をご紹介させていただきます。

ー 粉末一剤型凝集剤「アクアネイチャー」シリーズ開発の経緯

弊社の製品「アクアネイチャー」は、河川工事で出る、土が混ざった濁水の凝集処理に使うことができる薬剤で、土木工事濁水の凝集処理から始まりました。
ところが当初は全くといっていいほど需要がありませんでした。

現在はシリーズと言っておりますが、当時は「アクアネイチャー」1製品しかなく、誰がどこの河川で工事をしているのかも分からず、アクアネイチャーの提案がなかなかできない状況でした。
それで実際に自分たちで工事現場へ足を運び、コップで簡単に凝集したものをそこの現場の方に見てもらったこともあります。
小規模で建設をしている企業様を紹介してもらった際には、試しに製品を使っていただいたのですが、お試しの1回だけで終わってしまいました。

このままではダメだと少し考え直し、排水が出ている場所を調べたところ、工場から多くの排水が出ていることを知りました。そこで様々な工場に回り何とかお願いして排水サンプルをいただきテストをさせていただきましたが結果、アクアネイチャーでは凝集しきれないものばかりだったのです。排水によって性質が違いますので、それに合わせた薬剤が必要であるということが分かりました。
そこで、改めてアクアネイチャーに入っている薬剤を分析・改良して、汎用性の高い「アクアネイチャープラス」を開発しました。
その結果、弊社はアクアネイチャーをカスタマイズして様々な工場の排水の性質に合わせた薬剤にすることが可能となり、弊社の強みとなりました。

ー ネクストリーの強みとは

先ほどの、「排水に合わせて薬剤をカスタマイズができる」というのが弊社の一番の強みだと自負しておりますが、他にも強みがあります。

工場の排水を見せていただき、どうしても弊社の製品が合わない場合もございます。しかし、そのような場合にも、すぐにお断りするということはせずに、他社のメーカー様にもご連絡をし、お客様の排水に合う製品を探します。そして見つかれば、他社メーカー様の製品でもお客様にご提案をしています。ご相談いただいたお客様の排水問題に寄り添い、一緒に解決することを一番に考えております。
そうすることで、他社メーカー様との繋がりも広がり、弊社は粉末一剤型凝集剤のメーカーではありますが、その枠を超えて、あらゆる業種の排水に対応することができています。

ー アクアネイチャーは他の凝集剤と比べて何が良いのか

まず、一つの薬剤にまとまっていることから、凝集処理に係る作業時間が短くなることがアクアネイチャーのメリットです。
実際に凝集の作業をされる方は生産業務も兼任されている場合も多く、手間が少なくなり助かる、という声をお客様からよくいただきます。
4〜5つの薬剤を使う凝集処理であれば、1つの薬剤を準備するのに手作業で1時間ほどかかるものもあり、一剤で処理が完了することと比べると、作業自体がかなり楽になることが想像できるかと思います。
もう一つのメリットは、排水の濃度は日々変わっていくため、現在使用している薬剤で処理ができなくなったという時にも、アクアネイチャーだと調整がしやすくなります。例えば濃度が変わった時に、4〜5つの薬剤を使っていると複雑な調節が必要なところ、アクアネイチャーであれば量を増減をするだけで対応可能となります。
粉末一剤型凝集剤のアクアネイチャーだと、作業者さんの手間が減って、生産業務のほうに労力を使えるのは嬉しいですよね。

ー こんなお客様にお問い合わせいただきたい

95%くらいのお客様は、今現在使用している薬剤が自社の排水に合っているのかわからないままにしています。誰かに紹介された薬剤を長年使っており、他からの情報を取り入れたり、費用を比較したり、他の薬剤を使用していないケースがほとんどです。
本当に今使っている製品が合っているのか、もっと手間がかからない方法はないのか、コストカットできないか。少しでも疑問に思ったお客様に、ぜひお問い合わせ・ご相談していただきたいと思っております。

それでは、弊社の製品とネクストリーの強みについてお話しさせていただきました。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional