凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

「加圧浮上装置のメンテナンス」②

「加圧浮上装置のメンテナンス」②



前回「加圧浮上装置のメンテナンス①」で加圧浮上装置とは
どのような装置で、どのような仕組みで凝集汚泥を浮上させるのか
についてご説明させていただきました。



今回は、加圧浮上装置と相性のいい廃水について
ご説明させていただきたいと思います。


加圧浮上装置は排水中の浮遊物質を気泡の浮力を
利用して浮上させることができます。



重要となるのは、水より比重が重いか、軽いかです。


水より比重が重い物質は水底に沈み、
軽い物質は浮かび上がってきます。

画像の説明

比重が軽い物質は浮上しやすく、加圧水によって浮上します。
画像の説明

比重の重たい物質は沈みます。
凝集処理による沈降分離と比較すると除去精度は多少劣ります。


水より比重が軽い物質の代表例として、
油分を含む廃水や凝集フロックが軽く少ない廃水がございます。
加圧浮上装置において安定した効果が発揮できる廃水です。


加圧浮上装置は、コンパクトな設計で設置スペースが小さく、
また槽内の汚泥滞留時間が短いため処理速度が早い等、
メリットがございます。



しかし、排水中の懸濁物質を安定して浮上させることができなければ
トラブルの原因となるので、加圧浮上装置に限らずではございますが、
導入を検討する際は十分に検証を行う必要がございます。



以上、今回は加圧浮上装置と相性のいい廃水について
ご説明させていただきました。


次回は、「加圧浮上」の前段工程で行う凝集処理工程
についてご説明させていただきます。


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional