凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

小型廃水処理装置(デモ機のご紹介①)

小型廃水処理装置(デモ機のご紹介①)

 弊社では一剤型凝集剤アクアネイチャーシリーズとその凝集剤を使って廃水処理を行う小型廃水処理装置『ANシリーズ』があります。

 その中で小型廃水処理装置ANシリーズの導入を検討しているが、

実際どのように処理されるかを見てみたい

という声を多く頂きます。

 弊社の小型廃水処理装置『ANシリーズ』導入までのプロセスの中で、ご依頼に応じてデモ機による実運転を行っております。廃水処理量としてはデモ機ですので少量となりますが、ジャーテスト試験よりも更に実機運転に近い形を確認する事が出来ます。


 デモ機全景
 デモ機①


 デモ機②


 デモ機③


 デモ機④


反応槽
容量は20Lで攪拌機はブラシレスモーター制御で8~400rpmまで調整する事が出来ます。
反応槽


上澄み放流部
実機同様電動ボールバルブがついております。
実機との違いとして、上澄み放流配管は計3箇所設けられており、スラリーの高さによって調整が可能です。デモ機では1箇所のみとなっております。また実機では、上澄み放流配管はスラリー放流配管に直結しており同じ配管からろ過部へ流れます。
上澄み放流部


汚泥放流部
上澄み放流部同様に電動ボールバルブを使用しております。
実機との違いとして反応槽下部から直接ろ過部へスラリーを流すのでは無くT字配管を経由して放流となります。
汚泥放流部


ろ水受槽、ろ過金網
ろ過金網にろ過袋を取り付け使用します。デモ機のろ過金網は小さいですが、実機のろ過金網の容量は35Lとなります。ろ水受槽に放流配管(ホース)を接続して使用します。
ろ水受槽、ろ過金網②


 今回はデモ機の各部のご紹介をさせて頂きました。次回は、実際にデモ機を処理しているところを少しご紹介させて頂きます。

 廃水処理装置導入を検討しているけど、その前に少量でもデモ機運転をしてみたいなと思われたら是非お気軽に弊社までお問い合わせ下さい。

               
 
 

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional