凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

小型廃水処理装置(液体凝集剤用)

小型廃水処理装置(液体凝集剤用)

小型廃水処理装置(ANシリーズ)については、このブログで何度かご紹介させて頂いておりますが、非常にシンプルでコンパクトな設計である事が、この装置の特徴となっております。


 このコンパクトな装置が実現出来る大きな理由として、凝集処理には、弊社の一剤型凝集剤『アクアネイチャーシリーズ』を使用する事によって薬剤投入機器が不要になる事にあります。


 しかし、廃水の種類によっては、どうしても1剤で処理が完了しないようなものもあります。


 また、弊社のアクアネイチャーシリーズを使用するよりも、無機凝集剤、中和剤、高分子凝集剤の3剤処理の方が、お客様にとってメリットが出るような場面もあります。


 今回、ご紹介する小型廃水処理装置は、そのような液体薬剤による凝集処理を行う為の、廃水処理装置となっております。

 画像の説明

 上記廃水処理装置は、1回300L処理が出来る廃水処理装置でANシリーズに標準装備されていない部分として


・液体薬剤用タンク×3台
・薬剤注入用ポンプ×3台
・高分子凝集剤溶解用攪拌機×1台
・pH調節計


が標準装備されております。
ろ過方式は、これまでのANシリーズと同じ自然ろ過方式となっております。

また、もう少し1回の廃水処理量を増やしたいという場合であれば以下のような装置もご用意しております。

画像の説明

 上記の装置は、1回2000Lの処理が出来る廃水処理装置で、先ほどの300Lの装置と同様に、液体薬剤用タンクやポンプも標準装備されています。


 この装置の場合、ろ過方式を脱水機による脱水ろ過を採用しております。このように、廃水処理後の汚泥量に合わせて脱水方式を変える事も可能です。


 このように弊社では、粉末1剤型凝集剤による廃水処理と液体薬剤による廃水処理でそれぞれにあった廃水処理装置を取り揃えております。


 廃水処理装置導入を検討されているお客様は是非お気軽にご相談下さい。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional