凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

何は無くともpH調整②

何は無くともpH調整②

ネクストリーの藤井です。
台湾から帰国し、最初に感じたのは「日本は寒い」でした。
6月に入り今年も半分過ぎましたが、残り半分も仕事もプライベートも全力で
励んで参ります。

さて、今回もpH調整についてです。
下の写真をご覧ください。
画像の説明

pHの違いによって、廃水の色が変化します。
この色の変化についてはまだわかってはいませんが、下の表のように、重金属の
除去率については違い・傾向が明らかになりました。

     pH ニッケル 亜鉛 クロム
  ①  11.92  0.25  1.9  0.21 
  ②  10.05  0.69  0.39  0.29 
  ③  9.03  0.72  0.28  0.3 
  ④  8.05  0.34  0.22  0.46 

〇ニッケルについては、もう少しデータを取る必要 がありますが、pH9~10では
除去率が悪い。
〇亜鉛については、pH10以下で除去率が高い。
〇クロムについては、pHが高い方が除去率が良い。

また、この会社では消石灰を大量に投入しpH調整を行っていたため、反応槽・
沈殿槽で消石灰の細かいSSが浮いているという状況でした。
下の写真はビーカー試験で再現した時の写真です。
画像の説明 画像の説明

このような状況では、SSがリークしてしまったり、後工程に負荷がかかって
しまいます。各工程で適切に最適に処理をすることで薬品の使用量の削減や
各工程の負荷軽減に繋がります。

「どんな廃水にも対応できる」というような万能な製品はありません。
各製品・装置を最適に組み合わせる事で最適な処理に繋がります。

日々勉強ではありますが、新たな価値の創造と最適な処理によって、無駄を省き
コスト削減・作業負担の軽減などに貢献してまいります。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional