凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

何は無くともpH調整

何は無くともpH調整

ネクストリーの藤井です。今週は台湾へ出張しております。
台湾は32度以上で、少し動くとドッと汗をかいてしまいますが、なぜかそこまで
不快ではなく、心地よい感じで過ごしております。

さて、今回はpH(ペーハー)調整について書きたいと思います。
最近仕事の際にどこへ行くにも必ず持っているものがあります。
それは、pH試験紙もしくはpH計です。今回の台湾にもバックの中に入ってます!!

画像の説明 画像の説明

デジタルのpH計の方が使い勝手はいいんですが、時々その数値を疑いたくなる時が
あるので、pH試験紙を持ち歩いている事が多いです!!

今回の台湾の件も、先日相談頂いた件もそうですが、肝心要は『pH調整』です。

〇重金属を除去する際にも
〇凝集処理を確実に行う際にも
〇薬品の添加量を抑える際にも
〇高分子凝集剤の粘性を抑え、最大限の効果を引き出す際にも
〇PAC(パック)などの無機凝集剤をの効果を最大限にする際にも
〇活性炭の吸着効果を最大限に引き出す際にも

どのような場合においても、非常に重要な事が『pH調整』です。

どれだけ優れた製品があったとしても、最適なpH域で使用しなければ、効果は
半減します。水処理に使用する薬品にはそれぞれ特徴があり、その特徴を活かす
ことで、使用薬品の削減・コスト削減に繋がるのです。

また、それぞれの廃水・排水にも特徴があります。
この廃水は、中性で最も凝集性が良い。あるいは、重金属を除去する際には
アルカリ性側で処理すると効率が良い。反対に酸性にするだけで、凝集する。
といったように、廃水それぞれにも特徴があります。

水処理用の薬品の特徴、そして廃水の特徴 この二つの特徴をしっかりと捉え
る事が最適な処理、そしてコストの最適化へと繋がります。

何は無くともpH調整!困った時にはネクストリー!!

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional