凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

粘度の高い塗料にはAQ-BPα

粘度の高い塗料にはAQ-BPα

塗料には上塗り下塗り、アクリルやウレタンなど塗料の種類によって、また、ウレタンならウレタンで粘度や希釈割合などの異なる番手など色々あるようで、塗料の種類で全てが決まるわけではありませんが、塗装ブース内の汚泥性状も、シットリだったり、サラサラだったり、サクサクだったり、ドロドロだったり、ベタベタだったり、ガチガチだったり千差万別です。

薬品なしでも固化しない素敵な塗料の場合には「塗装ブース用凝集剤AQ-BP」を添加してしまうとサラサラになり過ぎてしまって逆に回収しづらくなる、というケースもあります。
そんな時は消臭目的にごく少量だけ添加したり、または清掃の際だけ上澄みの排水処理用として添加するなど、状況や目的に応じてAQ-BPの活用方法もまた千差万別です。

今回はゴム状の地層になったり、ガチガチに固まってしまうような粘度の高い塗料の対策として「AQ-BPα」をご紹介したいと思います。

固化がひどい塗装ブース例
画像の説明画像の説明画像の説明

ノーマルAQ-BPでも効果はあるのですが、上澄みは十分キレイなのに過添加気味にする必要があったり、水流の影響やミストが集中する部分など部分的に固化が改善できない場所があったりと面白くありませんでした。

AQ-BPαはノーマルAQ-BPに比べ、凝集力が強く、フロックがより微細になることが特徴で、その分沈降性は悪くなりますが、それがこと固化防止という点に対してはより良い効果が期待できます。

お困りの内容や、改善目的、または循環水の水質などに応じて最適な選定や利用方法を無料サンプル試験の上、ご提案させて頂きます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional