凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

小型廃水処理装置を納入しました。

小型廃水処理装置を納入しました。

ネクストリーの藤井です。
暑い日が続いていますが、皆さん熱中症には気を付けてください。
当社の事務所はプレハブなので、エアコンを付けているのに、室温が現在30度を
超えています。。。。。。
書類がべたべたになりながら仕事をしております。。。



さて本日、小型の廃水処理装置を納入致しました。
このサイズのものは、これで6台目となります。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

今回は、バレル研磨廃水の処理になります。
一回の処理量は300Lで、バッチ式の装置です。
汚泥は、ろ過袋(土のう袋)を使用した自然脱水方式ですので、非常にシンプルな
装置です。そのため、今までほとんど故障した事がなく、優秀な装置です。

故障した事が無いというよりも、故障するような所が無いという方が正確かもしれません。



生産設備がまだ稼働していないので、試運転・実運転は9月に入ってからに
なりますが、無事納入が完了しました。


装置の納入は毎回感慨深いものがあります。
これから毎月、廃水処理用の薬品も納めさせて頂くので、今日が新たなスタート
といった感じです。これから末長く使って頂き、お客様が安心して処理した水を
河川へ放流出来るよう、努めて参ります。

廃水処理装置は、いつも目立たずひっそりと佇んでおりますが、私は生産設備の
一部だと考えております。実際には、製品を生み出すものではありませんが、
この装置が止まる事で、生産を止めざるおえないような状況になる場合も多々あります。

また環境への影響も直結する部分ですので、少しでも環境への負荷を軽減する
ために、より良い製品、より良い装置を追い求めていきたいと思っています。



お客様・地域・社会・取引先・従業員など関わる全ての人に喜んでもらえる
ような仕事をし続けて行きます。
廃水処理にお困りの際は、ご相談ください。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional