凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

特殊フィルターを用いたろ過装置の開発

特殊フィルターを用いたろ過装置の開発

ネクストリーの藤井です。
年度末となり、慌ただしい日々を過ごされている事と思いますが、
今日の富山は朝から非常に良い天気で、慌ただしさを少しだけ
癒してくれるような気分の良い一日でした。


さて、今日は「とやまチャレンジファンド事業」に採択して頂き
開発を進めております、ろ過装置の進捗をご報告いたします。

以前のブログでも少し書きましたが、硝子加工の際に非常に細かい
研磨カスが発生します。その微粒子をろ過装置で回収し、常に綺麗な
水で加工ができるような装置及び仕組みを作りたいと励んでおります。

作っているのが、下のような写真の装置です。

全体写真
画像の説明 画像の説明

内側(底面の円の上に特殊フィルターを設置します)
画像の説明

写真を見ると『何だこの程度か!!』と思われる方も居るかと
思いますが、その通りです。まっっっっっことに簡単な装置です(苦笑)


しかし、何か装置を一から作った事のある方だったらわかると
思いますが、どんなに簡単な装置でも一から作るとなると、
どの材質の材料を使用するのか?
配管の位置はどこが最適なのか?
配管の口径はどの程度にするのか?
ポンプの種類・容量はどれにするのか?
など、上げるとキリが無いほど沢山の事を決めなければなりません。


そんな様々な紆余曲折があり、ようやく完成間近となりました。
今週末には、現場で試験を行い様々な検証を行います。
検証の結果を踏まえ、更に改善やオペレーションの方法や
使用する薬品の有無、ろ過した硝子カスの回収方法などを
一つずつ決めて行きます。

硝子の加工廃水のみではなく、塗装ブースの循環水の処理にも
活用が出来ないかと考えています。


自社の製品の品質・性能の向上はもちろんですが、新しい事にも
どんどんチャレンジし、日々成長して行きます。

廃水処理の技術や薬品も日々進歩していますが、それ以上の
スピードで成長して行きます。
廃水処理でお困りの事がございましたら、㈱ネクストリーもしくは
私までお問合せください。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional