凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

不要になった塗料の固化処理

不要になった塗料の固化処理

ネクストリーの藤井です。
今年は、「敢為邁往(かんいまいおう)」を胸に今まで以上に全ての事に
励んで行きますので、よろしくお願い致します。

※敢為邁往・・・目的に向かって困難をモノともせず邁進していくこと。


さて、今年は全く雪が降らなかった富山県ですが、昨日からの低気圧の
影響で今年初めてまとまった雪が積もりました。ようやく
富山の冬らしい天気になってきました。


雪の降る地域の建築塗装の皆さま、
この時期は少し時間に余裕のできる時期ではありませんか!?
この時期に不要となった水性塗料の処分をしてみてはいかがでしょうか。


塗料は、そのままの状態では廃液で処分しなければならないため
高額な産廃費用がかかってしまいます。
しかし、当社の水性塗料固化処理剤「ペイントマスター」を使用すると
廃プラスチックとして処分する事ができるため、非常に安価に処分
する事が可能となります。


処理方法は非常に簡単です。
①不要となった塗料をプラスチックのトロ箱に入れます。
※一斗缶そのままでも構いません。
画像の説明

②ペイントマスターを塗料に対して3~5%投入します。
画像の説明

③ハンドミキサーで混ぜます。
画像の説明

画像の説明
''
④土のう袋などに入れて、2・3日養生した後に廃棄します。''


たったこれだけの作業で、産廃の処分費用を大幅に削減する事が可能です。
雪の降る地域の方は、時間に余裕のできるこの時期に是非一度お試しください。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional