凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

凝集剤による有機廃水中のBODの除去!!

凝集剤による有機廃水中のBODの除去!!

ネクストリーの藤井です。

今回は食品工場や飲食店・ホテル・スーパーなどから排出される有機系廃水のBODの除去に
ついて非常に面白い製品の販売を開始致しましたので、ご案内させて頂きます。


食品工場などから排出される有機系廃水はBOD(生物化学的酸素要求量)やCOD(化学的酸素
要求量)が高く、凝集剤による処理が非常に難しい廃水です。

無機系廃水やSS(浮遊物質)に対して効果のある凝集剤は数多く流通しており、当社もこの分野
の廃水処理を最も得意としております。

そのため、有機系廃水の処理は活性汚泥を用いた生物処理が最も一般的な方法となっています。
しかし、生物処理は設備が非常に大がかりとなることや、管理に手間がかかるため出来る事なら
他の処理方法を検討したいという意見が少なくありません。


そんな時に今回の『BOD除去助剤』が非常に有効になります。
特徴は

1. 廃水中のデンプンなどの有機物を除去できる

2. 添加量が100~200ppm(0.01~0.02%)と少ない

3. 生物処理の負荷を軽減し、安定した処理が可能になる



有機系廃水中に多く含まれているデンプンは、分子量が大きく生物処理に時間のかかる
物質の一つです。そのデンプンをBOD除去助剤によって除去する事で、生物処理の負荷
が軽減され安定した処理が可能となります。


今回は、食品廃水ではありませんでしたが、モップやウエスなどを洗った洗濯廃水の
処理にこのBOD除去助剤を使用しました。

前段で凝集処理、後段で生物処理をしていますが、前段の凝集処理がうまくいかず、
後段の生物処理に非常に大きな負荷をかけてしまっているという現場でした。
目標値は、生物処理に流入する際にBOD3,000㎎/L以下というものでした。

試験結果は、

   原 水処理水①処理水②
BOD7,0002,6002,800

これまで、様々な凝集剤を試して来たがこれだけのBODを除去できた薬品は無く
お客様も非常に驚かれていました。

その時にビーカー試験の写真がこちらです。(左:原水、右:処理水)
画像の説明



このBOD除去助剤も万能で全ての廃水に対応できるという製品ではありませんが、
生物処理や、他の処理方法・製品との組み合わせによって非常に大きな効果が期待できる
製品だと考えています。

今までは積極的に取り組んでこなかった、有機系廃水ではありますが、この製品と共に
この分野でもお客様の困ったを解決していきたいと思っております。
水処理に関する困ったは、ネクストリーまでお問合せください。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional