凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

水質汚濁防止法

水質汚濁防止法

一般的にはあまり馴染みがないかも知れませんが、我々にとって、とっても身近で重要な法律だったりします。このHPをご覧になっている方にとってもそうかもしれません。

簡単に説明すると、読んで字の如く河川、湖沼、海などの自然の水が汚れることを防ぐための法律です。陸海空その他環境保全全般の法律『環境基本法』の水の巻ですね。『下水道法』とも密接に結びついています。

環境基本法の”水質基準”を”排水基準”と混同されがちですが、水質基準は河川そのものが保つべき水質で、排水基準は工場から場外排水する際の基準です。


排水基準は全部で40程度の項目があり、大きく2つに分かれます。

健康項目・・・人体に有害な物質について。いわゆる公害の元となるもの。有名なところで言う
       とカドミウム(イタイイタイ病)、水銀(水俣病)など。
環境項目・・・環境を汚染する度合いについて。水生生物や植物など生態系に影響を及ぼすもの

といった感じです。


排水処理は全てこの『水質汚濁防止法』に則って行い、弊社はこの『水質汚濁防止法』で定められた排水基準をクリアすべく日々試験、分析、開発や情報収集をしています。

弊社は使用薬剤を一剤化し、手間やムダを減らすことを得意としていますが、排水処理においてその他あらゆる「困った」にもお応えするべく様々な薬品、設備、手段、情報なども取り揃えています。

「こんなことできるか」「こんな薬剤はあるか」「ある項目だけが基準値オーバー」「もっと画期的な方法はないか」など、排水処理の「困った」はネクストリーにお気軽にご相談ください。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional