凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

塗装ブース掃除のコスト削減 まずは上澄みの汲み除けから

塗装ブース掃除のコスト削減 まずは上澄みの汲み除けから

湿式塗装ブースの掃除は業者に依頼してバキュームで吸ってもらおうと見積りを依頼すると目玉が飛び出るような金額だったため、泣く泣く自分たちで掃除している、、、なんて会社様も少なくないかと思います。

なぜバキュームを依頼すると高額なのか。
(例)4㎥ブース清掃
①バキューム車(4t)出動     \40,000
②作業人工(3名×@20,000)   \60,000
③汚泥処分費(4,000㎏×@50)  \200,000

といった感じだったりします。つまり高額になる大きな要因は処分する汚泥量(水の量)ということです。


そこで、タンクなどを用意して水中ポンプで上澄みを除けておいて、堆積した塗料カスだけを回収してもらいましょう。料金内訳を知れば、これだけでかなりのコスト削減になることが分かります。

自分たちで掃除するにしても、水を除けておいた方が断然作業が効率的になります。


タンクは大きなものをドーンと据付ける必要はありません。1~2㎥程度のタンクを複数用意した方が、必要な時だけ必要な場所に持ってこれるので使い勝手が良いでしょう。


では汲み除けた水はどうするのか。繰り返し使用して継ぎ足しに継ぎ足しを重ねた秘伝のタレ状態では、オーバーミストを捕集するという本来の役割に支障が出ます。何より臭いです。
AQ-BPを添加して循環水を浄化しましょう。

画像の説明画像の説明画像の説明

塗装ブース掃除に関してのお悩みやご質問などはお気軽にネクストリーへお問合せください。
循環水を送って頂ければ無料でビーカー試験を致します。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional