凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

インキ廃水の処理に新規採用されました

インキ廃水の処理に新規採用されました

インキ廃水の処理に凝集剤アクアネイチャーAL(エーエル)が新規採用されました。
7月8日に掲載された板紙・段ボール新聞の記事を見て問合せを頂きました。

現状の処理では、
希硫酸 ⇒ PAC(ポリ塩化アルミニウム) ⇒ 消石灰 ⇒ 高分子凝集剤
以上の四種類の薬品を使用しており、薬品を用意するのに30分程度の時間がかかり、この作業を一日に3・4回行っていたため、非常に作業性が悪く、作業性を改善されたいというご要望を頂きました。

当社へ廃水サンプルを4Lお送り頂き試験を行いました。
結果は非常に良好で、凝集剤アクアネイチャーAL(エーエル)を500ppm(0.05%)の投入で非常にクリアに処理する事ができました。
※500ppm・・・1tの水を処理するのに、500gの凝集剤を使用。

原水と処理水
画像の説明 画像の説明

試験が完了後、報告書と凝集剤のサンプルをお送りし、実機でも試験を行って頂きました。実機での試験でも結果は非常に良好で、お客様にも非常に喜んで頂きました。

凝集剤アクアネイチャーALは、安心×簡単×低コストをコンセプトに製品開発を行いました。
○安心…希硫酸・苛性ソーダなどの劇物を使用しない。
○簡単…一剤で処理ができる。
○低コスト…1t当たりの処理コストが安くなる。

どのような廃水に対しても「出来ません」と言わず必ず何かしらの処理方法を見つけお客様へ提案する事を心がけてております。

廃水処理の駆け込み寺のような存在になれるよう、日々努力し、一つ一つの廃水と向き合って行きたいと思っています。

インキ廃水の処理でお困りの方、もしくは現状の処理に疑問をお持ちの方、お気軽にご相談ください。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional