凝集剤による排水処理・固化材による土壌改良は、株式会社ネクストリーにご相談ください。

アクアブラスター導入

アクアブラスター導入

先日、バレル研磨工場にて新たにアクアブラスターを導入致しました。

曝気処理装置アクアブラスターとは
内部突起に空気を激しく衝突させることで微細気泡が発生し、高負荷の排水や循環水中の溶存酸素濃度を高めます。酸素を槽内に行き渡らせることで、微生物の好気呼吸をサポートし、代謝及び生物分解能力を最大限にまで引き上げます。

画像の説明

導入前は、凝集沈殿処理のみで排水処理を行っていましたが、BOD、CODの目標数値を達成することは、なかなか出来ませんでした。

そこで

①前段でアクアブラスターによる曝気処理→原水の負荷を軽減

②後段でアクアネイチャープラスによる凝集沈殿処理

上記のような処理フローで排水処理を行った結果、処理水の目標値を達成する事が出来ました。

凝集剤による物理化学処理では、主に懸濁物質を効率良く除去する事は可能です。BOD、CODの数値を引き上げている要因がすべて懸濁物質によるものであれば、当社のアクアネイチャープラスでも十分に効果を得る事が出来ます。

しかしながら、一般的にはこれらの要因は懸濁物質に由来するもの以外のところにある事が多いのが実情です。このような場合、活性汚泥法による微生物処理を行う事が多いですが、膨大なイニシャルコストと設置スペース、また日々の管理面においても多大な労力を必要とします

そのような場合にこのアクアブラスターは最適です。通常の微生物処理とは違い日々の汚泥の管理などは一切ありません。また、今回のお客様のように通常の凝集沈殿の負荷軽減として活用することで、凝集沈殿処理にかかる薬剤のランニングコストの軽減にも繋がります。

・もう少し原水の負荷を軽減したい。
・BOD、COD、n-ヘキサンを低減したい。
・凝集沈殿の使用薬剤のランニングコストを減らしたい。
・排水の「臭い」のもととなる硫化水素を出さないようにしたい。

このようなお客様は是非一度アクアブラスターでの曝気処理をご検討下さい。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional