湿式塗装ブース

塗装循環水の導入事例を追加しました。

今回は少し独特な事例で、廃油を固化防止剤代わりに塗装ブースに投入している会社様の
問題改善でした。

 昔はこのように廃油を投入したり、壁に塗ったりする会社様は多かったみたいです。

 確かに堆積汚泥は固化しておらず、壁面のこびりつきもないので、
タガネでガリガリはつる必要がない分、清掃作業自体は楽なのだろうと思いました。
生活の知恵ですね。

 ですが、ご想像の通りデメリットもあるわけです。特に夏場の強烈な油の臭いと、
着衣や用具が油分でベトベトになることがお困りとのことでした。

 AQ-BPは元々、排水処理に用いる凝集剤から塗装ブース用に改良した薬剤ですので、
油分の除去も可能です。

 試しにそのままの状態から、AQ-BPの投入を開始してもらうと、徐々に水面に浮いていた
油分はなくなりつつ、汚泥の固化も防止でき、臭いも軽減していきました。

 現状回帰と問題解決が同時にできたということで大変喜んで頂けました。
画像の説明

関連記事