アクアブラスター

特殊散気管「アクアブラスター」の導入事例を追加しました。

バレル研磨排水の処理で、当社凝集剤を使用する前の前処理として特殊散気管「アクア
ブラスター」を使用しました。

この企業様は、通常の排出基準よりも厳しい社内基準を持たれており、凝集剤による
凝集沈殿と活性炭吸着処理を行っていましたが、社内基準を満たす事が難しい
状況でした。
また、大量の薬品と活性炭を使用していたため、薬剤のランニングコストが嵩み、更には
発生する汚泥量もかなり多い状況でした。

そこで当社では、前処理として特殊散気管「アクアブラスター」を使用しBOD・COD・
SSの低減を図り、その後、当社凝集剤にて凝集処理を行うという方法を提案させて頂き
ました。

結果はアクアブラスターの効果が予想以上に良く、お客様も当社営業マンも非常に驚いて
おりました。
【48時間エアレーション後の分析結果】
BOD : 180 → 38
COD : 180 → 48
SS  : 100 → 2

特殊散気管「アクアブラスター」によってBOD・COD・SSの大幅な削減をすることが
できたため、使用する凝集剤の量や発生する汚泥量が大幅に削減されました。
その結果、年間480万円程度のランニングコストを削減することができました。

詳細についてご興味のある方は、当社までお問合せください。
画像の説明 画像の説明

関連記事