染料排水

染色排水の処理に新規採用されました

染色排水の処理 染色排水の処理

染色排水の処理に凝集剤「アクアネイチャープラス」と特殊活性炭「ハイブリッドカーボン」
が新規採用されました。

ハッピや暖簾などを染める過程で発生する排水の処理に採用いただきました。
今回の排水には、染料と顔料が混ざっておりそれぞれを除去しなければなりませんでした。
どちらかの成分が残っていると、色の着いた状態となり除去できていないのが一目瞭然で
わかるような状態になります。

そのため、万全を期すため凝集剤による一次処理と特殊活性炭による二次処理を行いました。
その結果、非常にクリアな状態に処理することができました。

また、排水量が多くないためスイコー社製のタンクと攪拌機を用いて処理装置をつくり
設置してきました。

当社凝集剤の最大の特徴である、『フロックが大きくなる』ことによって、汚泥を
土のう袋などにより回収することで、イニシャルコストも低く抑えることができました。

関連記事